保育士さんの

 配置基準は大丈夫ですか!?

 

小規模保育園A型、B型の運営責任者の皆さまへ

 

そう!朝早くと夕方に保育士さんが不足するのよ!
と体感的にわかっていても、視覚的に捉えて、日々の計画を立てなければなりませんね。

 

保育士の配置基準を満たした運営は必須です!

 

月曜日~土曜日まで7時半~19時半までの変形労働時間に対応した休日の設定や配置基準が満たない運営は委託費の減額になる可能性もります?小規模保育園A型で運営からB型へ変更!それによって委託収入が減り運営に支障をきたしたり、保育士さんの確保にイメージが悪くなったりする可能性もあります。

 

そして就業時間が計画と異なり労使問題に発展!残業未払いなど、いろいろなトラブルになりかねませんね。

 

そんなお悩みの小規模保育園の方へ!ご安心ください。

 

早番、遅番、中番、短時間など

保育士さんの働くニーズに応えながら予算計画を立て積極的に働き方改革を推進しませんか?


 

保育士さんの働き方改革は

保育士さんの働き方のニーズに合わせて計画していく!

今月は私用や子供の授業参観でお休みをしたい!
そんなニーズに応えながら運営を積極的に展開する。

 

左図のように保育士さんが不足するのを体感的に解っていると思います。

ここを働き方改革!そうです、日々の運営を園児に必要な保育士さんの配置基準の診断から始めましょう!

 

私たちは未来の子ども達の育成!小規模保育園が抱える課題を一緒に解決していきます。

詳しくはお問合せに必要な事項を記載の上、保育士配置基準診断希望と明記してご連絡ください。

担当からご連絡させて頂きます。